Twitterコミュ障はリプライができない

おはようございます.
毎日花粉といちゃいちゃ,kajiです.
例の如く自己分析じみた語り記事.
対戦よろしくおねがいします.

空中リプライのお話

突然だが皆さんはリプライをしているだろうか.

私は普段のTwitter上の対応でもリプライではなく,それとなくツイートするだけ(所謂空中リプライ)をすることがかなり多い.


この空中リプライは,傍から見たら壁と大声と会話しているように見える訳だ.あまり好まれていないというのも分かっていて,サジェストで真っ先に"うざい"とまで出てくる始末.

じゃあ止めればいいじゃんといった話なのだが,『空中リプライ文化圏』のようなモノに慣れ過ぎた為かもはや癖のようになってしまっている.Twitterを少人数の井戸端コミュニティとして扱うのならば実際この『空中リプライ文化圏』は心地良いのだ.

これが超絶仲の良いフォロワーだけの小規模なアカウント同士で行われるならまだしも、現実は井戸端の周りにもたくさんの人が活動していて全員の声量は等しいのだ.周囲の人からしたら大層な雑音になるのは考えるまでもない.

 

ファンリプライのお話

リプライ繋がりでもう一つ,"ファン(応援)リプライ"についてだ.

私は,イラストがバズった絵師さんやバーチャルYoutuber,ビッグなTwitterの人(曖昧な表現)に直接リプライを送ることはまず無い.

ふぁぼRTですら、真っ先にするのを避ける節がある.例えば当該ツイートが10RTとかしたぐらいで自分もこそっとふぁぼRTする感じだ.

似たようなところでYoutubeのコメントもしない.ただしイイネ👍はするし,YoutubeLive等でぶわーっと流れ消えていく場ではそっとコメントしたりする.

勿論お気持ちの伝え方は"リプライ"という形に限ったモノではないのだが....

 

締め

さてファンリプライについて,何故こんな思考になっているのかという話だ.これは恐らく,"相手に認知されたくない""極力相手を煩わせたくない"という意識であると(勝手に)考えている.後方彼氏面という言葉があるが,それとはまた違うなと.

ただ詰まる所これらは考え過ぎで,私というものは所詮ネット上でのワンオブゼムでしかない.もっと気軽に事を進めるべきなのだろう.

自分のツイートに反応が貰えれば嬉しいしお気持ちを届けることはすべきなのだろうが,悶々とするところである.好意を伝えること自体は素晴らしいことなのだから.

早急にがらりと変えていくことは出来ないかもしれないが,空中リプライの癖は減らしていくようにしたい.ネット上でも会話は相手の目を見てはっきりと

 

Twitterコミュ障に幸あれ

 

駄文失礼しました.

おわり

P.S.
ちょうどインターネット美少女吸血鬼 赤月ゆにちゃん様のラジオ『月ゆにの曜日のは赤い🌙』第16回にて,蔓延する画像リプライに焦点を置いてトークしているので興味を持った方は見よう.観よう.

www.youtube.com

 

ほんとにおわり