父さんな、バーチャルYouTuberで食っていこうと思うんだ。

人生で言われたくないセリフ9位ぐらいの言葉。
ちなみにタイトルの事は思っていません、今は。


注意:騙して悪いがこの記事はお気持ちと不快感を多分に含んでいます。
突然彼氏彼女や嫁夫が出てきて、「この人のお陰で助かりました!今幸せです!」的な見飽きた救いのあるお話ではないです。
てか他人のお気持ち文を読むと自分もお気持ちしたくならない?あっならない...そう...。

劣等感の化け物 無い無い人間

最悪のメンバーを紹介するぜ。


喋るスキルも無く滑舌の悪い早口オタクボイス、優柔不断で面白い人生経験やそれを生み出す行動力も無い。
ゲームがめちゃくちゃ上手いとかでも無く、コンテンツを作るセンス(センスは経験から来るものという話)や技術も無ければ、良い絵を描ける訳でも無い(美術3)。
オタクとして熱く語ることが出来る深い知識や豊かな感性があるわけでも無い。小学生の時の〇〇の良い所シートみたいな奴に「真面目そう」とか書かれる。


挙げ句の果てにお気持ちアウトプットをするも文章構成力が無いからこんなクソブログに駄文を叩きつけている。全世界対抗インターネットオタク選手権で自分はズタボロ。


器用貧乏の劣化版 承認欲求の塊 劣等感の化け物


ようは特別面白い人間では無い。可笑しい人間ではあるかも知れないが。
以上最悪の自己紹介。


それじゃあ何か?お前は「バーチャルYouTuber(Vtuber)になって、こんな自分でも人生変わりました!」とでもこれから話したいのかと聞かれればそうではない。
そもそもこの記事に起承転結もオチも用意していない。


今更Vtuber始めるとか正気か?

自分にもよくわからないけど見えない自由が欲しくて見えない銃を撃ちまくった感じ。強いて言うなら自分の上澄みになってくれるかなというのは思う。ぶっちゃけ何となくやりたいからやったっていうのが一番強い。でも以外とこの理由で始めるVtuber多いらしい。同時にデビューがゴールになりがちらしいが。


自分の癖で、放っておくと悩むだけで事が全く進まなくなるから色々すっ飛ばしてGoサインを出した。その結果ガバの穴埋めに追われてるのだけど多分正解。今の所楽しい(そもそも自分が楽しくないと見てる方も楽しい訳無いだろと)。


5月のユーザーローカル発表でVtuberは今8000人いるらしい。比較になるか知らんけど日本タレント名鑑には11000人載ってるとのこと。
結局面白い人が面白い事をやってるからウケる。そこにバーチャル部分のガワによる評価が付加される。


オタクとも話したが、本当に人気が欲しかったりバズりたいのなら絵やモデルはプロに依頼すべきだって話をした。それはそうでコンテンツの内容よりもガワだけで判断する方が圧倒的にDNAに素早く届く。モデルがめっちゃ可愛いのに声がバリバリボイチェン機械音声で草っていう流れが出来るのはとても想像しやすい(Vtuber自体こういったギャップ、インパクトが面白さの要素ということもある)。


最近では事務所云々とかウザい広告云々とか物申すタイプだとかで良くない話が目につきがちなVtuber周り。これらを含めずともVtuberが嫌いだというオタクが居るのもまあわかる。


それでも、オタクが推しのVtuberに救われた記事をパーッと読んで、きっとこれは良いモノだとはストンと改めて思った。


それはそれとして、うじゃうじゃいる新人Vtuberを見てみると良い意味でも悪い意味でもヤバい。この話はまた別のどこかで。


何をしたいのか 何が出来るのか 何もしなかった

色々な人と話して結局大切なことは、自分は”何をしたいのか”そして"何が出来るのか"だということ。履歴書的なアレの趣味特技スキルエピソードとかあのへん本当に書くことがない。空虚過ぎる。虚無のルイズ。 


場面場面で人生エピソードを求められる。あなたの成功体験は?あなたの成し遂げたことは?あなたの誰にも負けないところは?


人様に誇って話せるそんな話なんて無い。アニメじゃないんだからさ。それでも語らないといけないので石をひっくり返して出てきたダンゴムシ(てか歳を重ねるごとに虫に触れなくなってきててやばない?)みたいな些事を喋る。鼻で笑われ、お前の十数年それしかなかったのかと馬鹿にされ、ここに立つべきじゃなかったんだなと理解する。


目的や動機、理由があって行動する。そして行動するからそれらしいエピソードが産まれる。多分皆そうして来たんだろう。時間は平等にあったはずなのに、自分は尽く無駄にしてきたのだと何度も痛感した。


じゃあこれから人に話せるエピソードを求めて行動しようと思っても人間そう今までの生き方を変えられるもんじゃない。こういう時に宗教だとか洗脳だとかお薬だとか、そういった外的要因を求めるのかも知れない。テレビの見すぎ。自分は今回ちょっとネジを外した。多分元々緩んでたし。


オチの無いのがオチ

起承転結の糞もない本格的な文字の羅列になってしまった。怪文書ってこうして生まれるんだな。
未だに面接官に鼻で笑われたり、説教されながら人生観を語られたりする情景がチラつく。糖質か?
自分が好きな人が苦しんでる時に声をかけられる人間になりたい。が、少なくとも今の自分が何を言ってもしょうもない。


クソッタレな自分だがありがたいことに一緒にポシャケしてくれるオタクもいるし、可愛がってくれる人もいる。
数少ない自分を好きな人と自分が好きな人の為に少しでもイイカンジでありたい。


ただもし、自分の何かが誰かにとって良いモノになれたのなら最高だなと。今はまだその兆しは皆無だ。自分にとってそういう人はたくさん居るのだが。
とりあえずちゃんと自分の事をしながらも続けてみる。真っ先に辞めたらそれこそ笑い者だ。てか結局対してVtuber云々の話全然しなかった気がするので後々のネタにする。


目指せチャンネル登録者数1億人。


お前は何がしたいんだ?

お前は何になりたいんだ?



おわり